HOME » 太陽光発電のすすめ » 太陽光発電の仕組み

太陽光発電の仕組み

「つくる」「集める」「送る」「分ける」

太陽光発電システムは大きく分けて「つくる」「集める」 「送る」「分ける」という働きをしています。お家で電気 をつくって、使える、売れる、地球にも家計にもやさしい システムなんです。


太陽光発電システム

太陽光発電にすると・・・?

太陽光発電システムを取り入れると、家庭で使う電力は45%削減できるといわれています。

例えば

青森県で標準的な太陽光発電システムを設置
(3.17kW)し、屋根の傾斜が30°、南側の
屋根の方位が南東として発電シュミレーション
をすると

矢印

月の電気料金は約3,284円

一般的な光熱費(2人以上の世帯)の電気料金
と比較すると

お得です
一か月当たりの水道光熱費の平均費用(円) 家計にもうれしいシステムなのね!

「太陽光発電とは」start

太陽光発電はここがポイント!

自宅が発電所になります!

太陽光発電でまかなえる昼間は多くの電気が
余るので、その分は電力会社に売電します。
買電は自動的に行われるので面倒な操作な
どは一切ありません。

オール電化と組み合わせてさらにお得!

住宅に必要な各機器や設備を電力でまかなう、
オール電化システムなら、太陽光発電で得た電
気を有効に使え、大幅な光熱費の削減が期待
できます。

「太陽光発電とは」end

初期費用は?


木組工務店このページのトップへ
このサイトについて